青汁クリームソースを作ってみよう

クリームソース

青汁レシピを探しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
粉末タイプですと、飲み物にしたりお料理に使ったりと、さまざま楽しめるかと思います。
そこで、今回は「ソース」について見ていきたいと思います。
ソースとして取り入れることによって、さらに活用してただきやすいのではないでしょうか。

クリームソースにしてみよう

先ずはクリームソースです。
お子様や男性・女性問わず好きな方も多いでしょう。
バター・小麦粉・粉末・牛乳や豆乳と合わせて好みの過多さに調節をします。
この際、塩コショウやコンソメなど好みの味付けに仕上げましょう。
クリームソースは固さを少し調整するだけで、さまざまなお料理に使っていただけるのです。

グラタンに使う

グラタン

まずはホワイトソースとしてメジャーなお料理である「グラタン」です。
お好みの具材をいれて温めるだけで出来上がりです。
カロリーが気になる方はお豆腐や大根などを入れて焼いていただいても美味しいでしょう。
チーズをかければさらにカルシウムなども摂取できますので、成長期のお子様をお持ちの方でも良いでしょう。

パスタに使う

パスタ

1人暮らしの男性の方でも気軽に作れるのはやはりパスタではないでしょうか。
クリームパスタというと難しいイメージもありますが実は簡単にできてしまうのです。
ベーコンやサーモンなどとも相性が良く、あまったお野菜なども入れていただけるでしょう。
その時々の冷蔵庫内の材料で手軽に取り入れていただけ、栄養も充分に摂取できるかと思います。

シチューに使う

シチュー-

少し緩めに設定していただくことでシチューとしても利用していただけます。
一品でも充分なメニューですからお手軽に試していただけるのではないでしょうか。

クリームソースを作ってみよう

このように、クリームソースもまた活用幅が広いものですので利用してみてください。
きっと、より楽しく健康や美容を目指していただけるかとも思います。
薄くパンに塗って焼くだけでも美味しく召し上がっていただけます。

さまざまな青汁の中でも人気の高い酵素青汁は、高い温度で熱すると酵素が死んでしまいますので、料理に混ぜるときはなるべくアツアツの状態で入れないように気をつけましょう。

フライパン1つで簡単青汁レシピ

青汁の粉末はさまざまなお料理に活用していただけます。
実際に、飲み物などの混ぜて取り入れているという男性・女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
1人暮らしの方などですと、料理となると手間がかかってしまう・材料がかかってしまうなどという問題が出てくるかもしれません。
そこで、フライパン1つでできるレシピについて考えてみましょう。

パンケーキにしてみよう

パンケーキ

手軽なものですとパンケーキがあります。
スーパーなどに売られているホットケーキミックスでも良いですし、薄力粉・砂糖・ベーキングパウダーなどを調合してオリジナルパンケーキを作るのも良いかと思います。

お砂糖の量を加減していただくことによって、お食事パンケーキとしても活用していただけるお手軽なものとなっています。

お好み焼きを作ってみよう

お好み焼き

キャベツさあえれば、あとは冷蔵庫の中にあるもので作れてしまうものがお好み焼きです。
美味しく召し上がっていただけますし、食物繊維も豊富ですから良いメニューともいえるでしょう。
これに、粉末をプラスするのです。
見た目は全く変化がありませんので、お子様などにも食べていただきやすいのではないでしょうか。
栄養バランスそのものが良いものといえますので、粉末を入れることによってよりその状態を「底上げ」してくれることでしょう。

豆腐おやきにしてみよう

豆腐おやき

豆腐を潰し、薄力粉と粉末をいれ鶏がらやマヨネーズ・粉末だしをいれてまとめて焼くだけです。
このとき、食べ余したひじきの煮物などを混ぜていただいても構いませんし、ツナなどでも美味しく召し上がっていただけます。
手軽ですし、水抜きの必要がありませんので直ぐにでも作れるメニューとなっています。

フライパン1つで簡単美味しい

このように、粉末を利用して手軽にそして美味しく作っていただけるメニューは多く存在しています。
簡単なものばかりですので、お料理初心者だという方においても美味しくできあがるかとも思います。

あっという間の簡単混ぜるだけレシピ

青汁レシピなどというものが料理サイトに掲載されるほど、その存在はメジャーなものとなっています。
粉末タイプを用いて楽しんでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、中にはお料理があまり得意ではないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、混ぜるだけの簡単レシピについて触れていきたいと思います。
男性の1人暮らしの方にもおすすめです。

お塩を作ってみよう

塩

作り方は簡単で、お塩と粉末を混ぜるだけなのです。
抹茶塩やカレー塩を思い浮かべていただけると分かりやすいでしょう。
お塩は、岩塩などがおすすめではありますが手持ちに無いという場合は、食卓塩でも構いません。

天ぷらや焼いた手羽先などにつけて食べていただくと美味しく召し上がっていただけます。
塩分摂取量を気にしていただく必要もありますが、塩おにぎりなどにも使っていただけるので便利なものといえるでしょう。

グラノーラに混ぜる

グラノーラ

コーンフレークやグラノーラに混ぜていただくだけです。
これに牛乳やヨーグルト、間食の場合はアイスクリームなどを乗せて食べる方もいらっしゃるかと思います。
朝食や間食にも栄養バランスが良いグラノーラに粉末を加えることで、さらにその栄養価をアップさせることができるのです。

ホエーと混ぜる

ヨーグルト

ヨーグルトを購入された方ですとご存知かと思いますが、上澄み液のようなものを見かけたことがあるでしょう。
あの液体はホエーと呼ばれていて栄養価が非常に高いのです。
粉末と混ぜてドリンクにしていただくことによって、ヨーグルトドリンクのような風味を感じていただくことが出来ます。
その際、ホエーの量が無いという場合はヨーグルトそのものをプラスしたり牛乳をプラスするのも良いでしょう。

簡単まぜるだけメニュー

今回は「混ぜる」という事を重点的にそのメニューを見ていきました。
すぐにでも役立てることが出来るかと思います。
風味なども今では変わらない粉末も多く見受けられますので活用してみてください。

青汁の飲み物レシピ

青汁ドリンク

青汁を取り入れた生活をしてるという男性・女性も多いことでしょう。
粉末タイプなどですと、さまざまなお料理に使用できますので味の変化という部分においても楽しんでいただくことが出来るでしょう。
ご家族全員でという場合にもピッタリかと思います。
今回は、1人暮らしの方でも取り入れられる簡単な飲み物レシピについて見ていきたいと思います。

牛乳・豆乳と合わせて

まずはスタンダードな牛乳や豆乳と混ぜ合わせるというものです。
カルシウムやイソフラボンも同時に摂取できますのでおすすめとなっています。
満腹感もありますので、置き換えダイエットや間食をしたくなったときなどにも役立てやすいかとも思います。

炭酸と合わせて

また、満腹感というと炭酸もおすすめとなっています。
喉が渇いたときにもピッタリでしょう。
市販の炭酸飲料水はカロリーが高かったり糖分量が高かったりという心配もありますから、こうして自分で健康的な炭酸水を作るというのも良いかと思います。

ヨーグルトドリンクに

ミキサーやシェーカーを使ってヨーグルトをプラスするのもオススメです。
お子様も好きな味付けではないでしょうか。
氷といっしょにミキサーにかけることによってフローズン風味も楽しんでいただくことが出来るでしょう。
腹持ちも良いので、置き換えダイエットにも良いといわれています。

ホットで飲む

睡眠前などは牛乳・豆乳やお水と割って温めて飲むのもおすすめです。
代謝もよくなりますし、冷え性の方などにもおすすめとなっています。
冬場などにも最適な飲み物となってくれるでしょう。

飲み物の幅もさまざま

このように、飲み物という部分に焦点を当ててもさまざまな料理幅があるかと思います。
その時々にあわせて飲みたいものを取り入れていくようにすれば、継続的に取り入れやすいかと思います。
健康的で美味しく毎日のプラスとして活用していただけますので、ぜひとも参考にしてみてください。
楽しみながら続けていきましょう。

青汁でお菓子を作ろう

青汁でも粉末タイプですと、お料理に使えるという利点があります。
男性・女性からお子様まで美味しくとりいれていただけることと思います。
今では、特有の臭みや風味などが抑えられた製品もありますから、お料理に使っていただいても本来の味を損ねることも無いのです。
今回は、お菓子レシピについていくつか見ていきたいと思います。

クレープ生地に

クレープ
薄力粉・牛乳・砂糖などで作るクレープ生地に粉末をプラスしてみましょう。
薄くグリーンの色がつき見た目も鮮やかなものが完成します。
ジャムや果物を塗って食べるのも良いですし、お食事に取り入れたいなどという場合はお野菜などを挟んでいただいても構いません。
糖分が気になるという方は、蜂蜜やオリゴ糖などを活用していくとよいでしょう。

クッキーにプラス

クッキー
お菓子作りはあまりしないという方にも取り入れていただきやすいものの1つに「クッキー」があるかと思います。
この生地に混ぜ合わせて焼くだけであっという間に健康クッキーが出来上がるのです。
お子さもでも食べやすく、手づかみでも食べていただけますのでおすすめのものともなっています。
ナッツ類をプラスしたりドライフルーツをプラスしたりと変化もつけやすいので覚えておくとよいでしょう。

お団子にする

団子
白玉粉に粉末を混ぜ合わせていただいて「お団子」にするのもおすすめです。
小豆やキナコをかけるとその栄養バランスもさらに良いものとなってくれるでしょう。
見た目がよもぎ団子のように見えますので、出来上がりも美しいかと思います。
混ぜて茹でて水に取るという簡単な工程ですから、皆さんに取り入れていただけるかと思います。

楽しみながら健康生活を

このように、お菓子に取り入れていくことでさらに楽しくそして健康的に取り入れていただけるでしょう。
毎日の摂取の中で、時にはお菓子という形で変換していくのも良いかと思います。
お子様がいるご家庭などにおいてもおすすめとなっていますので機会があれば試してみてください。